育毛剤の選び方について

育毛剤にはさまざまな種類があります。

自分にはどの育毛剤がふさわしいのか、ドラッグストアの店頭などで迷った経験のある人も多いことでしょう。

ここでは育毛剤の選び方について考えてみます。

まず育毛剤を機能から分けた場合、「血行促進型」、「男性ホルモン抑制型」、「細胞活性化型」、「皮脂分泌抑制型」の4種類に分けることができます。

このうち血行促進型頭皮の血行を良くしてより多くの酸素や栄養を、毛根の毛母細胞に与えます。

これにより毛母細胞は活発的に働き、多くの髪の毛を作ることが可能となります。

また男性ホルモン抑制型は毛母細胞の働きを阻害するジヒドロテストステロンを軽減することで発毛を促します。

さらに細胞活性型ではさまざまな栄養素やビタミン類などを毛母細胞に与えて働きを助けます。

最後の皮脂分泌抑制型の育毛剤は、過剰な皮脂を無くすことで、毛母細胞の働きをより活発化させ、健康な頭皮を作り出します。

育毛剤はこのようにその役割によって、種類が異なっているため、自分の薄毛がどのような原因によるものであるのかを先に知っておくことが、非常に重要となります。

遺伝的な要因で脱毛を起こしている場合は男性ホルモン抑制型の育毛剤を使用しなければ、他の育毛剤をどれだけ使っても、たいした効果は望めません。

また育毛剤の使用にあたっては、複数の育毛剤を併用することで効果が高まる場合がありますが、この際に気を付けるべき点として。

同じ薬効を持つ育毛剤の併用を避けるということがあります。

同じ薬効の育毛剤を併用すると、用量が過剰となり、効果が低下するばかりか、かゆみ、かぶれなどの副作用の原因となります。

ページのトップへ戻る