光回線って何?

インターネットの通信速度の高速化が進んでいます。

いまや動画配信やゲーム、各種アプリケーションのダウンロードなどに高速回線が不可欠な時代となっています。

ネットを活用した仕事においても回線速度が求められることが多くなっています。

そんな時代に登場したのが光回線です。

これはブロードバンド回線の一種ですが、従来のADSLとは異なり光ファイバーを使用して通信を行うシステムとなっています。

それによって、これまでよりもはるかに高速の通信速度を実現することができます。

この光回線は最大で100Mbpsという非常に高速の通信速度を誇っているのが最大の特徴です。

また、この光ファイバーはノイズや距離による影響が非常に少ないという、大きなメリットももっています。

ADSLの場合、電話線の状態や周囲のノイズ、あるいは電話局までの距離によって速度が大きく減衰してしまいます。

最大通信速度の10分の1程度しかでないというケースも少なくありませんでした。

しかしこの光回線ならそうした影響は最小限です。

どんな環境でも限りなく100Mbpsの通信速度を確保できるのです。

この光回線を接続するためには、光ファイバーケーブルを自宅に引き込む必要があります。

マンションなどでは最初から引き込まれている物件も増えているようです。

特徴としては電話回線を使用しない点が挙げられます。

そのため、工事に手間がかかることも多く、場合によっては導入までに数ヶ月かかってしまうこともあります。

また、まだ普及途上ということもあり、サービスを提供している地域がまだ限られているという面もあります。

地方の中にはまだサービスが利用できないところがあるのです。

NTT東日本、西日本をはじめ、KDDIなどさまざまな業者が光回線に参入しています。

今以上に快適なネット環境を求めて、光回線の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る