円キャリートレードとは?

円キャリートレードとは、低金利である日本円で資金を借り入れ、それを高金利の通貨に代え、さまざまな金融商品で運用して利益を得る取引のことです。

金融商品には株、為替、商品、債権など、さまざまなものがあります。

ではいったいなぜ、このような取引形態が広まったのでしょうか。

円キャリートレードが生まれた背景には、日本がずっと続けてきた超低金利政策と、金利の高い海外主要国が関係しています。

絶対に円でなければいけない方法ではありませんが、円の金利がとても低いことから実現しやすいため主流になり、円キャリートレードと呼ばれるようになったのです。

キャリートレードは、安い金利のものを調達して、高い金利のもので運用するというものです。

これにより、単純に金利の差だけで稼ぐのではなく、金融商品自体でも儲けを出すことによって、二重三重の収益を出すことができるようになります。

上手くいけば一気に収益を得られる可能性があるので、円キャリートレードをする投資家がたくさんいました。

円安の状態が続いていれば、円キャリートレードに問題はありません。

しかし円高の状態になってしまうと、為替差損が生じてしまうため、円キャリートレードの解消が促進されます。

キャリートレード自体は行われるのですが、利益の出づらくなった円を使う必要がないため、投資家は他の対象へと移っていくのです。

こういう流れをしっかりと見極めることが、投資で失敗しないために重要なことなので注意しましょう。

ページのトップへ戻る