晩婚化 影響

世界の先進各国で進む晩婚化。

当然のこと日本も例外ではなく、結婚しない人・結婚できない人など理由はさまざまながらも、独身のままで長く過ごす人が増えています。

結婚しないということが社会的に見てそう悪いことではないとする風潮に変わってきていることや、収入が不安定な非正規雇用就労者の増加、女性の経済力の向上による結婚のメリットの低下など、晩婚化が進む理由はさまざまなものが考えられます。

そんな晩婚化は、日本社会にいったいどのような影響を与えるのでしょうか。

晩婚化が進むということは、当然独身でいる期間が長くなるということ。

男女ともに独身で働き続けられるため、晩婚カップルにはある程度の金銭的余裕があるというメリットはあります。

しかしながら、晩婚化は妊娠・出産に大きな影響を及ぼすことになります。

一般的に女性の場合は35歳以上での出産を高齢化出産といい、出産に対するリスクが高まると言われています。

またそれ以前に、晩婚になればなるほど女性は妊娠しにくくなり、また男性も精子の機能低下などによって妊娠させにくくなるという影響があることが、さまざまな研究などによって明らかにされています。

さらに高齢での出産は、子供が成人しないうちに親が定年退職を迎えてしまうというような、経済的な影響も出ることにつながります。

また子供の妊娠や出産だけではなく、晩婚の場合は結婚した時点でカップルの両親がすでに高齢化していることがあり、結婚後すぐにお互いの両親の介護の問題が生じるという影響も考えられます。

ページのトップへ戻る