危険物取扱者資格取得方法

危険物取扱者の資格には甲種・乙種(第一類〜第六類)・丙種の種類があります。

一番ポピュラーなのが、丙種と乙種第四類です。

乙種第四類・丙種の資格は、ガソリンスタンドなどで働くために必要な資格です。

危険物取扱者資格取得方法ですが、法令と性質などに関する試験に合格することで取得できます。

乙種第四類や丙種に関しては、試験問題集などが書店で販売されていますので購入されるとよいでしょう。

また、消防署などでも試験対策講座などを開催することがありますので、活用されることをお勧めします。

独学が苦手、法令に関して理解度がいまいちなどという方には、通信講座を受けられることも一案です。

試験の要点をうまくまとめた教材や過去問題等が届きますので、要点をチェックしながら勉強を進めることができます。

危険物取扱者の試験に関しては、丙種・乙四類に関しては、年に数回試験日が設けられていますので、お住まいの地域にある消防署などに問い合わせられるとよいでしょう。

また受験に関する願書なども消防署で配布しています。

先述の乙種第四類・丙種以外の試験を受けられる場合、試験対策用の書籍などが無いのが難点です。

まずは、乙種第四類など一つの項目に合格することで、次に受ける試験は法令分野の免除があります。

法令の免除を受けたのちに性質等の勉強を深く理解して試験に臨まれることをお勧めします。

ただし、乙種保持者が甲種試験を受けられる場合にはこの限りではありません。

危険物取扱者資格の取得を目指す人の応援サイト

ページのトップへ戻る